10万キロを超えた中古車は得なのでしょうか

一昔前ならば、走行距離が10万キロを超えた中古車の価値は0でした。10年10万キロを超えた車は廃車になって当たり前。今でもそう思っている方はいらっしゃいませんでしょうか。確かに10万キロを超えた車はいろんな所が痛んで来ると言うのは事実です。私の車は現在15万キロ走行していますが、タイミングベルトやファンベルト等の樹脂系の部品は交換しています。

もちろんエンジンはレッドゾーンまで軽く回りますし、調子が悪い等感じたことはありません。長く乗った車で最初に痛みが出てくる部品は大体が樹脂系の部品です。ただ部品は交換を前提として製作されていますので、そんなに工賃や部品代もかかりません。

実は中古車でお金がかかる部品はエンジン内部なのですが、普通に街乗りで使用するには、ほぼ無視して大丈夫だと思います。ここで気をつけていおきたい事なのですが、整備簿が残っている中古車を見つけることです。整備簿がない中古車は前のオーナーさんが最低限の整備しかしていないかもしれないので、エンジンの痛みが予想以上に進行している恐れがあります。先ほども書きましたが、樹脂部品は交換しやすいのに対し、エンジンの内部はメンテナンスを考えていない車が多く、エンジンを解体するとなると新車を一台買えるくらいの価格になる事があります。

しかし定期的にエンジンオイル交換やミッションオイル交換、エレメントの交換、クーラント入れ替えを行っている車であれば、走行距離10万キロを超えた車両であっても絶好調で走ってくれますよ。